肥満体重の目安について

太り気味の人が肥満かどうかは、はっきりとした数字で捉えずに、外見の雰囲気で判断している人がいます。医療の分野でいう肥満とは、ある程度以上の脂肪を体に蓄えている状態のことです。体重が多いだけでなく、体脂肪率が高い状態でなければ、肥満という言い回しは不適切です。ただし、大まかな目安として肥満体重と呼ばれる体重も設定されていますので、一概に問題ないとは言えません。肥満体型かどうかを大まかに知る手段として、身長と体重に基づいて算出ができるBMIを計算するというものがあります。身長の二乗で体重を割ることで、簡単ですけれどBMIが算出可能です。肥満体重かどうかを知るためには、身長の二乗×22かせいくつになるかを確認する必要があります。計算が容易であるという利点がある反面、BMIは身長と体重からでしか算出しない数字なので、臓器の働きまでは確認していません。体脂肪率や、筋肉量に関係なくBMIは決まります。従って、BMIが同じ人同士がいても、肥満の度合いが必ずしも一緒とは限りません。運動量が足りていなかったり、食事内容が偏っている人の場合、BMIは標準の範囲内でも、体脂肪が多すぎることがあります。肥満は、客観的な数字を計測することで、認識することが可能になります。もしも、健康状態を改善したいと考えているならば、生活習慣を改善することや、栄養の偏りがない食事をすることを意識しましょう。妊活の為に身体の基礎を作るのは大切なポイントです。